2005年09月18日

「シンデレラマン」

最初はアメリカ人が好きそうな単なる家族愛の物語だと思っていたけど、そんなのじゃなかった

実話だと言うだけでもすごいのにボクシングの試合のシーンもリアルで本当に手に汗を握るほど引き込まれていく

ラッセル・クロウをはじめレネー・ゼルウィガーやポール・ジアマッティの今の自分には何も言えないほどの良い演技を見ることができたからだと思います

そして、最後のほうには村人公の「ジム・ブラドック」を応援するようになっていた感じ

殴り合いが嫌いな人でもこの映画は良いと思うはず

このブログはブログランキングに参加しています

続きを読む(ネタバレ注意)
posted by 砂氏 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画のブログ始めました

今日からこのブログ始めます

要は映画の感想なんかを書いていくブログということでよろしく

posted by 砂氏 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。