2005年12月05日

「グッバイ、レーニン!」

公式サイトへ
「タイトル - goo 映画」へ

レンタルして見ていたので感想を、とはいっても現在期末試験期間中なので簡単に。

一言で言うと時代と時代の間で不器用に生きた青年の物語。
観てる間に、新撰組も時代と時代の間で不器用に生きた武士の物語と考えると似てると思います。

ベルリンの壁が崩壊した時はまだ生まれていないのでわからないのですがその時代がわかる人や、新撰組が好きな人にはとても良い映画だと思えるのではないでしょうか。
このブログは人気Blogランキングに参加しています。
↑一日一回、クリックの応援よろしくお願いします。
posted by 砂氏 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10241361

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。