2005年12月12日

「あらしのよるに」

公式サイトへ
「タイトル - goo 映画」へ

年にも合わずに観てきました。
予想通り周りは小さい子供とその保護者だけ。

そんな中観てきたんですが、やっぱり内容は子供向け。
原作が絵本だからしょうがないんでしょうが年齢が合わなかったのも事実。

ストーリーはかなりいいと思います。
大感動とかどんでん返しとかは無かったんですが素直にいいストーリーだと言えます。

ただ、周りで見ていた小さい子は途中から集中力が切れていたみたいで泣き出したりトイレに行きまくったり動きまくったりとしていました。
普通だったら注意してましたが、まだ小さいしほとんどが子供だったので注意しませんでした。

ジブリみたいに大人も楽しめるような感じにしたり、二本立て位にしておけば子供達の集中力が切れることも無かったと思います。
良い原作を持っているのだからもうちょっと工夫した方がよかったかもしれません。
このブログは人気Blogランキングに参加しています。
↑一日一回、クリックの応援よろしくお願いします。


posted by 砂氏 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(4) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10588362

この記事へのトラックバック

あらしのよるに
Excerpt: 本日、下娘(小1・6歳)と『あらしのよるに』を 観に行って来ました。
Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆
Tracked: 2005-12-19 08:16

あらしのよるに
Excerpt: きむらゆういち作のベストセラーとなった絵本が原作の映画です。 ある、激しい嵐の夜、野原の小屋に逃げ込んだ山羊のメイと、狼のガブが出会います。真っ暗な小屋の中で何も見えず、強い雨音で音も良く聞こえ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2005-12-20 16:43

あらしのよるにDVD
Excerpt: 小学4年生の国語の教科書に採用され、累計300万部発行のきむらゆういち作絵本を やわらかなキャラクターデザインでアニメ映画化したハートフル・ファンタジー。 本来ならば喰う者と喰われる者のオオカミとヤギ..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-05-08 20:34

あらしのよるに
Excerpt: 観ても損はしないと思います。でも、やはり原作が絵本なだけに、やや物足りなさを感じ
Weblog: Goda Web
Tracked: 2006-06-21 01:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。