2005年10月09日

「オペラ座の怪人」

「オペラ座の怪人」、レンタルして観ました。

ミュージカルで有名な「オペラ座の怪人」、元々はガストン・ルルーの小説、同名小説が原作。

オペラ座での不幸な事故がガストン・ルルーにヒントを与えたほど。

二十年近くもの間、絶賛されてるミュージカルをほぼそのまま映画化しただけあって、ストーリは文句無しでした。

まぁプロデュースがミュージカルの方の作者だから当然の話。

映画ならではの良さとしては、音楽と映像。

全編ミュージカル仕様で、日本語吹き替えは無いのでいつも吹き替えで見る人には残念かもしれません。

というか、出演者の方々が歌が上手くて音楽もすばらしいのでこの映画は英語じゃないと意味が無いんじゃないかと思います。

英語も聞きやすいので勉強に使えるんじゃないかと。

音がこれだけ良いと、何で音響の良い映画館で見なかったのか悔やまれてきます。

そういう意味では映像の面でも映画館で見なかった事を後悔します。

ディズニーランドのアトラクションになるんじゃないかと思うほどの幻想的な映像。

世界に引き込まれるんじゃなくて自発的に入って行きたくなるほど。

本当になんで映画館で見なかったんだろう。

なんか後悔する事になったけど、それほど良いってことにしておいてください。


このBlogはランキングに参加しています。
posted by 砂氏 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7894698

この記事へのトラックバック

★「オペラ座の怪人」
Excerpt: 「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割く..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-10-09 01:58

オペラ座の怪人
Excerpt: 音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-10-09 10:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。