2005年11月05日

「ALWAYS 三丁目の夕日」

公式サイトへのリンク
「ALWAYS 三丁目の夕日 - goo 映画」へのリンク

観てきましたのでいつも通り感想を書いておきます。

一言で言って昭和33年の映画。

それ以上でもそれ以下でもないからこそ当時の良さをリアルに描けた映画なんだと思います。

最初に感じるのは、その当時の良さでした。

不思議なことに映画なのに昭和33年の匂いがしてるような気までしました。

そして、そんな中でも時代の移り変わりを感じました。

初テレビ、氷を使う冷蔵庫から電気冷蔵庫へ。

時代の移り変わりとともに感じられるのが戦後のまま止まった時間。

そんな時代だから、一つ一つの事が笑えるし感動できる。

当時を生きていた人は懐かしく思えるのではないでしょうか。

観終わった時には心が温かくなってるはずです。

平成生まれの僕ですが昭和33年を感じることが出来た映画でした。

上手くまとまってる気がしないんですがどうでしょう。

このブログは人気Blogランキングに参加しています。
↑一日一回、クリックの応援よろしくお願いします。
posted by 砂氏 at 21:49| Comment(3) | TrackBack(18) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバありがとうございました。

人間関係が希薄な世の中だから
余計にこういった映画で心が
癒されるのかもしれません。

みんなに観てもらいたい映画ですね。
(コミックもオススメです)

Posted by PON9 at 2005年11月05日 22:21
TBありがとうございます。

昭和33年、みんなが明るく輝いているのが
印象的で、心が温まりました。
みんなが主役、東京タワーも主役ですね。
時間があったらもう1回見たいと思って
います。
Posted by くらみ at 2005年11月06日 10:09
お邪魔します〜♪

細かい指摘かもしれませんが、時間のつなぎ方が、僕にはマッチしてなかった。せっかくのイイ話が、ぶつ切りになってしまって、イマイチのめり込めなかったです。

目頭が熱くなるシーンも沢山あったのに、この1点が残念でなりません。
Posted by はっち at 2005年12月03日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画 : ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 試写を見た友達のおすすめだったので観に行った。ビッグコミック・オリジナル「三丁目の夕日」の映画化。 昭和33年の日本。地面は土で野良犬が歩いてて人と人との壁が薄かった時代。建設途中の東京タワーが主人公..
Weblog: 青いblog
Tracked: 2005-11-05 22:06

「ALWAYS 三丁目の夕日」素晴しい
Excerpt: バップ -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 昭和33年の東京を舞台に、心温まる作品。 133分の上映時間中、最後まで心地よい時間を過ごせま..
Weblog: わたしの見た(モノ)
Tracked: 2005-11-05 22:15

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-11-06 14:51

『 ALWAYS 三丁目の夕日 』
Excerpt: 映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 ..
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2005-11-06 17:22

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 続いて日劇東宝で「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て来ました。 西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した作品で、 昭和33年の東京を舞台に、 家族や近所の人々の触れ合いや人情を描いた作品。..
Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet
Tracked: 2005-11-06 19:43

もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」
Excerpt: もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-11-06 21:40

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 映画館で、吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子 出演の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 ●ストーリー 昭和33年、東京タワーの建設工事が見える下町・夕日町三丁目に、小さな..
Weblog: Rohi-ta_site.com
Tracked: 2005-11-08 17:28

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 道端に 人の情けが 行き来する   欲しいなあ、「冒険少年ブック」。そういや、「冒険王」「少年」「おもしろブック」、そんな雑誌があったかやあ。ボクの講読雑誌は「少年」、その後「少年画報」。一..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2005-11-10 23:18

泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ!
Excerpt: 楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-11-16 12:53

「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ
Excerpt:  平日の夜に、ガラガラの映画館で、たった一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-11-18 12:58

ALWAYS 三丁目の夕日(映画館)
Excerpt: 携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2005-12-03 21:53

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 原作は、ロングセラーマンガ西岸 良平著「三丁目の夕日・夕焼けの詩」 BSマンガ夜話2003年11月25日放送で、「三丁目の夕日・夕焼けの詩」 やって、 何回かは読んだことあるけど、いつかはじっく..
Weblog: ★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★
Tracked: 2005-12-03 23:46

『ALWAYS 三丁目の夕日』
Excerpt: 携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-12-08 23:40

ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目
Excerpt: ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りか..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-12-10 05:04

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: {amazon}  昨年度は邦画の中では一番賑わした映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 昔はよかった〜系の映画と高をくくって観たのですが、確かにそれ系統の 映画だったのですが、普通に感動してしま..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2006-06-11 10:48

ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴
Excerpt: 最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。 ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-18 13:51

真・映画日記『ALWAYS〜三丁目の夕日〜』
Excerpt: 7月12日(水) 毎度のごとく、神谷町駅近くのスタバにいったら……なんとまだ準備中だった。 え、こんなことってあるの?しゃあないけど。 日中はとくになし。 mixiをチェックしてみると..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-08-13 13:36

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 評判いいですね、この映画。 観よう観ようと思っていると、TVで放映。 ラッキー。(^^) 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む小さな町工場に 青森から集団就職で六子がやってくる..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-12-05 00:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。